映画

1/2ページ

ソラニンのこと

前回に引き続き浅野いにお先生のお話。 ソラニン ソラニンは新装版でもってます。装丁は多摩川土手の写真。この頃の先生の絵は吉本良明先生ぽいですね。”青い車”(吉本良明の漫画)の影響も感じさせます。 夢を捨てきれないバンドマンとその彼女の物語。女性にも人気のあるこの作品。ロックを題材にした漫画では演奏するシーンが重要。 漫画では音は想像で補完するしかないんですが浅野先生がロック […]

タランティーノの話

タランティーノ監督最新作の感想などの雑記。ネタバレがあるので注意。 ワンスアポンアタイムインハリウッド 映画を観る環境も変わってネットで気軽にいつでも観れる時代になりました。 この映画も家で加入している映画チャンネルで観ました。タランティーノ監督9作目の2019年公開の映画。 ちなみにタランティーノ監督 10本撮ったら引退するとおっしゃってるので新作はあと一作となります。 タランティーノ監督の映画 […]

グーニーズの話

最近地上波で再放送されて再び注目されているこの映画。わたくしもグーニーズには一家言あります。グーニーズの話。 グーニーズ 1985年公開のアメリカの映画。ストーリーはいたって簡単。宝探しの冒険活劇。 ハリウッドでは海賊ものはコケるジンクスがあるとか。グーニーズとパイレーツオブカリビアンは例外で大ヒットしました。 リゾート開発で立ち退きを迫られるグーンドックスの労働者階級。 地下を行くグーニーズと地 […]

ごじらのはなし

ゴジラSP 感想 みなさんゴジラSP観ましたか? 自分は最初「アニメでゴジラやるの?」と懐疑的でしたが昭和ゴジラのオマージュにあふれた今作 楽しく観ることができました。 怪獣ものとゆうよりSFアニメになったゴジラたちも魅力的に描かれています。 昭和のゴジラと令和のゴジラのはなし。 東宝チャンピオンまつり 古い話ですみません。ザックリ説明すると東宝の怪獣映画と他のアニメ数本で構成された公開方式。東映 […]

エヴァンゲリオン感謝祭

シン・エヴァンゲリオン観てきました。 TVシリーズから26年。 エヴァもこれで完結。少しさみしいですね。 いい映画は、エンドロールまで観てもしばらく立つことができず説明のつかない感情になります。 帰り道の風景も違って見えたり見えなかったり。とにかくありがとう。 なので一人で感謝祭をはじめます。 ワッセローイ! 真希波マリ 新劇場版で1番良かったのは 真希波DEATH! エヴァンゲリヲン新劇場版:破 […]

映画音楽の話

ドラマや映画の中で流れる主題歌。偉い先生方の作曲されたカッコいい音楽。 擦られまくって原典を知らずに耳にしてた曲もあります。映画と音楽の話。 Peter Gunn 最初に聴いたのはブルースブラザーズ。ホテルに着いたブルース兄弟がロケットランチャーで殺されかけるシーン。 ブルースモービルを隠し場所に隠すどおでもいいシーンが結構尺があって沢山聴けます。 オリジナルは同名の海外ドラマの主題歌。 主人公の […]

成田亨とシン・ウルトラマン

成田亨のデザインはカッコいい。 シン・ウルトラマンも公開間近ですね。怪獣や宇宙人をたくさん作った偉い人の話。 ウルトラマンのデザイン コンセプトアートの載った画集では初期のアイデアの鴉天狗みたいなものもあります。べむらー? アルカイックスマイル、シルバーと赤。カラー放送を意識し演者のアクションも考慮したシンプルなデザイン。 ひたすら美しい。目や口の造作もありますが表情はなくカラータイマーでピンチの […]

車と映画の話2

映画に出てくる車(主にマッドマックス)についての雑記。 フォードファルコンXB マッドマックス 最高の映画ですね。登場する車両についておさらい。 フォード・オーストラリアで生産されていた自動車。劇中に登場する車両は3代目XB GT。黄色の車両は、セダンタイプで4ドア。 ライセンス生産と思ってたら設計もフォード・オーストラリアでした。V8 5.8L 。劇中車は600馬力。 マックスの相棒(よく大破し […]

ドクタースリープの話

映画ドクタースリープ観ました(BDで)。原作の感想や他のキング作品についての雑記。(ネタバレあり注意) ドクタースリープ シャイニングの続編。ダニーのその後が描かれます。前作同様の幽霊譚かと思っていたら裏切られました。(いい意味で) 原作を読む前は成人したダン・トランス(ダニー)が過去のオーバールックホテルの忌まわしい記憶から決別するために焼失したホテル跡地に向かい悪夢を追体験する…そんな物語を想 […]

金田一耕助の話

名探偵と聞いて誰を思い出しますか? オカルトブームと角川映画。昭和に一人のヒーローが誕生します。 (俳優の敬称は割愛。ネタバレ含。) 金田一耕助 横溝正史のミステリー小説に登場する探偵。 ボサボサ頭にチューリップ帽、羽織袴に下駄。市川崑監督の犬神家の一族で金田一耕助のイメージは、決定づけられます。 それ以前にも映像作品があり、高倉健も演じていました。そこではスーツにネクタイの洋装。 他にも沢山の役 […]