アニメ語り

1/2ページ

ビルバインのこと

バイストンウェルの物語を覚えているものは幸せである。 覚えてない人も そもそも知らない人も或いは幸せである。 ミ・フェラリオの語る次の物語を伝えよう。 ビルバイン アニメ聖戦士ダンバインに登場する主役メカ。若い人もゲームのロボット大戦でご存知の方も多いと思います。 ヒロイックなデザインと可変機構で大人気のロボット(オレ調べ)。僕と同世代の人は共感していただけると思う。 何で好きなのか?それはカッコ […]

ボトムズの世界5

あつまれボトムズ野郎。おじさんたちの大好きなロボット ボトムズ。今回はクメン編の魅力や水陸両用ATについてのお話。 ATH-06-WP ダイビングビートル。メルキア軍正式採用の水陸両用ヘビー級AT。 気密性がある設計がデザインからわかります。TV本編では新型のATですが、終戦前から運用されているのがペールゼンファイルズでわかります。 ATのCGによる表現には賛否ありますが演出の面で運用方法やディテ […]

アニメと飛行のはなし

竜とそばかすの姫 観ましたか? ベルがクジラに乗って歌うシーン。重力から解放され電脳空間を飛び交うキャラクターたちは美しい。 細田作品のOZやUの電脳世界は発明。アイデア自体は古くからありサイバーパンク小説やアニメではビデオ戦士レザリオンなんかが先駆け。 電脳空間はグリッド状の地平が描かれることによって上下が表現されて浮遊感が生まれます。 飛行するイメージはアニメーションでは黎明期から繰り返し描か […]

エヴァンゲリオン感謝祭

シン・エヴァンゲリオン観てきました。 TVシリーズから26年。 エヴァもこれで完結。少しさみしいですね。 いい映画は、エンドロールまで観てもしばらく立つことができず説明のつかない感情になります。 帰り道の風景も違って見えたり見えなかったり。とにかくありがとう。 なので一人で感謝祭をはじめます。 ワッセローイ! 真希波マリ 新劇場版で1番良かったのは 真希波DEATH! エヴァンゲリヲン新劇場版:破 […]

ボトムズの世界4

ブルーレイBOXが発売されたので少しまわりがざわざわしています。シリーズすべてが収まるそうです。どうしようかなあ。 前回言い忘れたベルゼルガのこととスコープドックのバリエーションについての雑記。 ベルゼルガイミテイト ビッグバトルに登場するAT。ベルゼルガとありますがスコープドッグをベースに作られたカスタム機。 地上戦艦VSレッドショルダーのビッグマッチ。シャッコーもエントリーしていますがベルゼル […]

重機動メカの世界

アニメ 伝説巨神イデオン。トラウマになった人も多いのでは?若い子たちにはジム神と揶揄されてたりもします。このアニメに登場する重機動メカのおはなし。 イデオン ソロ星の第六文明人の遺跡から発掘されたロボット。目を引くのは上部に高く伸びた肩。放映当時からストレンジな印象がありました。 大人になって改めてみても、やっぱり変。 なぜこうなったの?これは推測なんだけイメージソースになったのは、朱塗りの鳥居な […]

ボトムズの世界3

ベルゼルガやカスタムATの話。 ATH-Q64 WP  クエント製AT。中世の騎士のようなヒロイックなデザイン。 現地改修で型番の後にアルファベットで仕様が表記されます。クメン編でシャッコー搭乗機は、WPとあり湿地戦に特化したカスタム。 脚部はギルガメス製AT ダイビングビートルと共通となっています。 脚部に装備されるスワンピークラッグ。使用時はカンジキのように足底に回り込み固定されます […]

ザブングルタイプの話

ウォーカーマシン(以下WM)。惑星ゾラで運用される土木作業機械。 アニメ 戦闘メカザブングルに登場するロボット。パワーショベルやトラクターを連想させるデザインです。 主人公メカのザブングル。WMの中では、かなり浮いた存在。ミスマッチなんですが劇中の演出でアリになってしまう。 ザブングルタイプにフォーカスをあててWMについての妄想雑記。 ザブングルはもらったよ ザブングルのことをずっと研究している方 […]

ボトムズの世界2 ブルーATの系譜

またボトムズの話。ヘビー級ATとPS専用ATについての考察。※前回の話はこちらから 初のPS専用ATは、ブルーティッシュドッグですがスコープドッグをベースに作られたのは前回述べました。 完全に新規開発されたものは、イプシロンのストライクドッグ。これのベースになったといわれる機体がOVA ザ・ラストレッドショルダーに登場します。 XATH-P-RSC ブラッドサッカー  ギルガメス軍の次期 […]

ボトムズの世界

装甲騎兵ボトムズに登場するロボット。アーマードトルーパー。(以下AT) 兵器としてのリアリティを追求したデザインで人気があります。 タカラやユニオンから発売されたプラモデルは出来が良かったですね。タカラのストライクドッグは、傑作キット。 ATは大きさでヘビー級、ミッド級、ライト級に分類されています。 プラモデルでは、ミッド級とヘビー級の差がちょっとオーバーに表現されてるものもあります。そのあたり自 […]