バンド

1/2ページ

ゆらゆら帝国の世界

ゆらゆら帝国は90sオルタナ勢の中でも特に好きなバンドです。 坂本慎太郎の詞が好きな曲を語る。 ゆらゆら帝国 世界一SGの似合う男 坂本慎太郎。ファズトーンがぶっ飛んでます。ギターの裏面には師と仰ぐ水木しげる先生のサインが書いてあるのだとか。 曲はパンキッシュなガレージサウンドやサイケ。昭和歌謡のテイストもあり沢田研二の影響も公言されています。 ベース亀山千代のうねるベースラインもゆらゆら帝国の世 […]

フジロック21

フジロックフェス観ましたか?開催の是非はともかくYouTubeで生配信もされました。 贔屓のバンドもでていたので語らねばならないでしょう。過去のフジロックの話も少しだけ。 カネコアヤノ うっかりしてて”壱ノ盆”(当ブログの主)のメールで開催2日目に気付く奴。 ドラムの方が髭伸ばしてて最初わからなかった。カネコアヤノバンドはこの4人じゃないと。 このバンドはライブバンドですね […]

ザ ストロークスの話

YouTubeでタレントの方がストロークスのファーストアルバム Is this it?の感想動画を上げておられました。 その動画は食わず嫌いで聴いてこなかった名盤を聴いて率直な感想を言おうという企画。 同年代の意見として的を得ているなと思った反面ストロークスに一家言ありのわたくし。ストロークスやガレージロックリバイバルについての雑記です。 Angles 最初に買ったアルバム。僕も後追いでした。 気 […]

エレキギターの話5

ミッシェルガンエレファントのギターが弾けるようになりたい。 20代の頃夢中になって聴いてた。メンバー誰一人欠けても成立しない最強のロックンロール。 テレキャスターをレストアしてからミッシェルへの思いが再熱してきました。 シールドをでかいアンプにぶち込んでガコーンってやりたい。 YouTubeなどで親切な人が弾き方を解説してくれています。いい時代になりました。 ミッシェルをコピーしてみて気付きや感想 […]

ロックと女の子の話3

女の子とロックについてもしくはロックっぽいやつの雑記その3。 天使のウインク PUFFYはカバーアルバムをいくつか出しています。 選曲も彼女たち自身がやっていて硬軟取り混ぜての歌謡曲やロックのチョイスがセンスがいい。 ギターウルフの”環七フィーバー”もカバーしています。ギターウルフもPUFFYに曲を提供しています。(女マシンガン) PUFFYのちょっとガレージよりの感じは少 […]

くるりとサカナクション

くるり聴いてますか。長く活動されてるバンドでメンバーチェンジもありましたが岸田さんと佐藤さんはずっとくるり。 アートとユーモアのセンス溢れるPVも沢山出されています。 1996~ くるりが売れ出した頃TVでは渋谷系やビジュアル系が流行っていましたが音楽雑誌やラジオではそれとは違う流行があったように思います。 くるりやSUPERCAR Cornelius 言いたくないけど所謂ロキノン系。ケムリやBR […]

エレキギターの話4

かっこいい曲イコール ギターがかっこい。 この論法で他のパートでも同じことが語れますがバンドアンサンブルの中でのカッコいいエレキギターの弾き方についての雑記。 All Right Now Freeの代表曲。偉そうな前フリでしたがギターが印象的でカッコいい曲を語りたいだけです。 イントロがめちゃくちゃカッコいいこの曲。簡単そうですがカッコよく弾くコツがあるようです。 AとD/Aの繰り返しですが D/ […]

ランキングの話

音楽のランキングみるのが好きです。自分の推しがどの辺にいるのか気になります。推しのランクが高ければ うむうむ お前らただしいぞ と嬉しくなります。ランクが悪ければ わかってないなあ と不満に思います。ランキングの話。 pitchfork ピッチフォークのランキングよくみます。ピッチフォークは頼まれもしないのに音楽アルバムに10点満点で点数をつけるアメリカのウェブマガジン。年ごとにベスト100とかや […]

シガーロスの話

ヨンシーのソロ、新アルバムがでたので、最近の収穫と合わせてシガーロスの話とか。 シガーロス アイスランドのバンド。世界的に人気もありますが、ファーストアルバムVonは当時まったく売れなかったそうです。 自分も最初に聴いたのは5thアルバム 残響のGobbledigook。そこから遡ってアルバムは買っていきました。 シガーロスあるあるをいくつか。 アイスランド語表記が読めない。 先述の5thアルバム […]

東京の空の話

最近エレカシの宮本浩次先生がよくテレビに出ておられます。今でこそ人気者の宮本さんですが、昔はおっかないイメージでした。 エレカシの話。 東京の空 ロックは、不良少年の美学。エレカシは、ちょっとバンカラで所謂ヤンキーとは、雰囲気が違いますね。 エレカシでよく歌われるのは、東京の街。ご本人たちも赤羽の出身で中学校の同級生なんだそうです。 東京の空は、通算7枚目のアルバム。ライナーには、宮本先生のお言葉 […]